« レオナパパ迎撃offで電子ペーパー | トップページ | スパボ一括を検索すると。 »

2007/06/12

メールを4in1

メールは便利なもので、いろいろな用途に使ってます。
しかし、メールアドレスも用途によって増えて管理も大変になってきました。
たくさんメールアドレスができてしまったので、できるだけまとめて使いやすくしようと思ってます。
現在使っている主なメールアドレスは

  • メインe-mail
  • パーソナルe-mail
  • iモード
  • DoCoMo sms

そのほかにも、あまり使ってないものでは、

  • Yahoo メール
  • Hotmail
  • SoftBank S!メール
  • SoftBank SMS
  • Codename Excangeメール
  • その他、メール

メインのメールは@niftyを使ってますが、最近機能アップしました。
http://www.nifty.com/mail/change/

  1. メール容量が100Mから5GBに増量
  2. 保存期間が標準1ヶ月(オプション360日)が無期限
  3. モバイルメール機能で「アドレス変換転送」追加
  4. メルアドプラス10アドレスまでで105円/円

1番目、2番目の機能強化は単純に嬉しい限りです。4番目は捨てアド(いつでも解除できるメールアドレス)として使うには丁度いいかもしれませんね。問題が3番目の「アドレス変換転送」です。
最初、どういう機能かよくわからなかったのですが、使ってみてよくわかりました。
まず設定は「基本設定」のなかの、「通知形式」で「本文をそのまま転送する」を選びオプションの「アドレス変換を利用する」を選択しておきます。

20070612_01

20070612_02
使用方法は、e-mailで来たメールを携帯電話(iモード)に転送していますが、今までは返事を出すにはPCで受信してe-mailをだすか、携帯電話でwebログインをして返事を出すかでした。どちらも手間がかかり少し面倒だなと思っていたのですが、「アドレス変換機能」を使えば携帯電話からe-mailアドレスで送信ができるようになるわけです。
実際にはe-mail(symbian@nifty.com)宛てのメールがiモード(xxxx@docomo.ne.jp)に転送され、その時に送信者e-mailアドレスがxxxxx@gmail.comからxxxxx/gmail.com@m.nifmail.jpに変換されて携帯電話に転送されてきます。
送信者名宛てに返信をすると「xxxxx/gmail.com@m.nifmail.jp」宛てとなり、@niftyの方で再変換して「xxxxx@gmail.com」宛てに送るかたちです。
これは、一時期迷惑メールなどで「なりすますメール」とかで悪用されていた手法と同じですが、認証と変換を@niftyのメールサーバーで行なっているので、正しいメールの活用方法だと言えます。問題は認証が厳しいために、1携帯電話に登録できるe-mailアドレスが1個だけに限定されているために、@niftyのメールを2個使っている私にはどちらか1個しか登録できないぐらいですかね。普通の人は1個で十分ですからね。

20070612_03
これで、SO903iのiモードで編集作成したメールが返送やe-mail送信の時にe-mail(symbian@nifty.com)として送信できるわけです。
便利な変換機能も加わって、メインの4種類のメールが1台の携帯で運用可能です。当然、すべてリアルタイムpushメールなのでいつでもメールが送受信できます。
これぞメールの4in1。
実際には、HotmailやYahooメール等も使えるので8in1でSO903iは大活躍です。

|

« レオナパパ迎撃offで電子ペーパー | トップページ | スパボ一括を検索すると。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131571/15407425

この記事へのトラックバック一覧です: メールを4in1:

« レオナパパ迎撃offで電子ペーパー | トップページ | スパボ一括を検索すると。 »