« 夏は革張り Part3 | トップページ | ドコモ SIMPURE N(N600i)が無料配布 »

2007/08/24

複数回線で簡易交換機利用

携帯電話の回線が増えてきたので、またいろいろテストしてみました。
以前回線の転送設定をして3in1を設定していますが、通話中に新たな着信があるとどうなるのかと思いました。
http://symbian.way-nifty.com/mobile/2007/05/3in1.html

割込みサービスを契約していれば、通話中に割り込みの電話が入ってきますが、割込みサービスに入ってないと発信者から見るとそのまま転送されることが分かりました。
http://mb.softbank.jp/mb/service/3G/call/option/kanto.html

つまり、ホワイトプランの携帯宛にかけた人は話中になるのではなく、次の転送先に転送され通話可能になります。
これは会社の代表電話みたいなもので、他の人が着信を受けられると言うことです。
一人で使っている場合は、手と口も一つなので不要な機能ですが数人の事務所なら有効な利用方法になると思います。
金額の高い交換機を導入しないでも、数人で代表電話を同時に受けられ転送の通話料はホワイトプランなら無料です。
発信は代表電話の番号ではなくなりますが、当然利用可能です。

20070824_01

電話回線を複数持っている人は試してみてください。

|

« 夏は革張り Part3 | トップページ | ドコモ SIMPURE N(N600i)が無料配布 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131571/16227169

この記事へのトラックバック一覧です: 複数回線で簡易交換機利用:

« 夏は革張り Part3 | トップページ | ドコモ SIMPURE N(N600i)が無料配布 »